明日のためのその1:アフィリエイトの仕組み


「アフィリエイト」って言葉は聞いたことはあるんだけどけど。。。

ちょっとなにやってっかわかんねーなっって人いますかぁ?



まぁ、分かんない人が人が居ても居なくても説明はしておきます。

最初ですから。



あー、まず、アフィリエイトってか、ネットで物やサービスを売ってるのは、

みなさんもご存じのとおりでやんす。楽天とかamazonとか。

ネットで物を買ったことがある人も意外と多いのではないでしょうか。



で、アフィリエイトという世界に関わる登場人物は4人(4者)。

A:広告主。商品を売りたい人
B:仲介業者
C:アフィリエイター
D:購入者


Aについては説明不要っすね。

商品(物やサービス)を提供し利益を得たい人っす。


B:こいつが楽天やなんかのASP
(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)

と呼ばれる企業になります。


C:アフィリエイターはASPに登録して、

広告主の商品と扱わしてもらいます。

商品を購入者に紹介し、その商品が売れたらASPから

報酬(手数料)がもらえるというわけですね。


D:物やサービスを買う人についても説明不要っすね。

いままでの私たちです。もしかしたらこれからもずっと。。。



ですので、まずアフィリエイターはASPに登録して

商品を扱わせてもらう必要があります。



そのため(商品を売るため)にはブログやホームページなどの

宣伝(集客)媒体が必要になりますので、

その辺はおいおい作っていきます。

といっても、それがないと何もできないので、なるはやで。



今回はここまで。って事で、なんとなくでも

分かっていただけたでしょうか?



さぁ、油断せずに行こう!

この記事へのコメント